ボランティア募集

ボランティア募集

ご希望のボランティアがある方はもちろん、初めてボランティアをされる方、どんなオランティアがあるかどうか知りたいという方も、お気軽にお問い合わせください。是非お電話またはメール連絡の上、ご来所ください。

  • No.V-528 ワークメイト

    [ カトリック中央教会および北野地域福祉センター ]

    兵庫県国際交流センターの事業です。フィリピン人母子の居場所づくりとして、Masayang Tahanan (楽しい家)にて、外国にルーツを持つ子どもたちの学習支援や親の日本語学習をサポートしています。

  • No.V-527 神戸の発達障害自助会「コネクト」

    [ 神戸市中央区元町通2丁目9−1 元町プラザ4階 ]

    成人の発達障がいの方がお互いに話すことで元気を取り戻したり、ホッとしていただくための会です。2か月に1度元町で行っています。お茶とお菓子を食べながらおしゃべりを楽しみませんか。

  • No.V-527 東灘地域助け合いネットワーク

    [ 神戸市東灘区御影本町6−15−17 ]

    福祉の町づくり、社会教育、環境保全、子どもの健全育成

  • No.V-526 まちかど食堂

    [ 灘区深田町4−1−39 メイン六甲4階 六甲道勤労市民センター内 ]

    毎月第2水曜日の夕方、多世代交流を目的に、美味しい食事を囲んで交流する居場所を目指して活動しています。

  • No.V-525 フォレスター松寿

    [ 「松寿の森」経由保久良夢ひろば ]

    国土交通省近畿地方整備局六甲砂防事務所による「六甲山グリーンベルト整備事業」 の「森の世話人」として受託した活動地での雑草木の開伐作業と植樹地整備及び登山道や遊歩道整備により、防災に役立ち且つ地元市民の憩いの森となるような「松寿の森」づくりを目指しています。

  • No.V-524 NPO法人ホザナ・ハウス 自立援助ホーム カリス・ホーム

    [ 神戸弟子教会(灘区記田町5-6-20灘ロイヤルハイツ2階) ]

    カリス・ホームは、なんらかの理由で家庭にいられなくなり、働かざるを得なくなった、原則として15歳から20歳までの青少年達に暮らしの場を与える施設です。 生き生きと生活できる場、安心して生活できる場を提供し、大人との信頼関係を通して社会で生き抜く力を身に付け、子どもたちが経済的にも精神的にも自立できるように援助する事を目的としています。

  • No.V-523 NPO法人ホザナ・ハウス 自立援助ホーム カリス・ホーム

    [ 芦屋市山手町15-8 ]

    カリス・ホームは、なんらかの理由で家庭にいられなくなり、働かざるを得なくなった、原則として15歳から20歳までの青少年達に暮らしの場を与える施設です。 生き生きと生活できる場、安心して生活できる場を提供し、大人との信頼関係を通して社会で生き抜く力を身に付け、子どもたちが経済的にも精神的にも自立できるように援助する事を目的としています。

  • No.V-520 公益財団法人 神戸学生青年センター

    [ 神戸市灘区山田町3-1-1 ]

    神戸学生青年センターでは、阪神淡路大震災時の被災留学生・就学生支援活動の継続として、毎年アジアからの留学生・就学生7名に月額5万円の奨学金を支給しています。  1998年よりその資金集めの一環として「古本市」を開催しています。【第21回古本市開催:日時:2018年3月15日(木)〜5月15日(火)午前9時〜午後10時 会場:神戸学生青年センターロビー】

  • No.V-517 デイサービスセンターひまわりの家

    [ 神戸市灘区都通3丁目2−5 ]

    高齢の利用者さんに入浴、食事、機能訓練、レクリェーションクラブ活動などを提供し、心身共に健康な毎日を過ごしていただくことを目的とした通所介護施設です。

  • No.V-515 ドナルド・マクドナルド・ハウス 神戸

    [ 中央区港島南町 新兵庫県立こども病院敷地内 ]

    「ドナルド・マクドナルド・ハウス」は、お家から遠く離れた病院に入院しているお子さんとご家族のための第二のわが家。医療上のパートナーとして病気のお子さんとご家族をサポートするために、病院のすぐそばに建てられ、みなさんの寄付とボランティアによって運営されている滞在施設です。