特定非営利活動法人 実用日本語教育推進協会

起業事例

特定非営利活動法人 実用日本語教育推進協会

  • 分野 : 多文化

内容

NPO法人実用日本語教育推進協会は、「日本語教育をより良いものにしたい」という共通の思いを持った日本語教師7名が中心となって活動をスタートし、2005年に法人格を取得しました。

理事長の高畑笙子さんは、実際に日本語を教えるノウハウをできるだけ多くの人に伝え、一般の人々にもっと気軽に日本語教育に携わってもらうことや、その仕組みを作ることが使命だと語ります。そのために、オリジナルテキストの作成や、ボランティア養成講座、「にほんご交流サロン」の運営事業なども行っています。

「日本語交流サロン」は日本人と外国人、外国人同士の交流が主な目的で、日本語ボランティアの実践の場としても大きな意味があります。月3回、東灘区内で行っており、様々な国の方が参加しています。

日本で暮らす外国人が増える中、知識を持って日本語を教えられる人を一人でも多く生み出し、日本語を通じて、地域社会に貢献していけたらと考えているそうです。

  • 特定非営利活動法人 実用日本語教育推進協会の事例写真

  • 特定非営利活動法人 実用日本語教育推進協会の事例写真

  • 特定非営利活動法人 実用日本語教育推進協会の事例写真

起業団体情報

住所:〒657-0855 兵庫県神戸市灘区摩耶海岸通2丁目3番 HAT神戸・灘の浜2-104
Tel:078(891)3030、Fax:078(891)3031

URL

http://www.npo-thanks.jp