ゆうゆう倶楽部

起業事例

ゆうゆう倶楽部

  • 分野 : 介護事業

内容

―学習療法で認知症を予防・改善するデイサービス ―
 今年2月、神戸市灘区にちょっと珍しい「読み書き」と「計算」で脳トレーニングを行なうデイサービスが誕生しました。事業所名は「ゆうゆう倶楽部」、代表者は社会福祉士・介護支援専門員の有友ひとみさん(49歳)です。
 有友さんは震災後に介護の世界へ入り、数年前に「学習療法」を知り「高齢者の老化防止、認知症の改善にはこれ!」と着目しました。音読と簡単な計算を繰り返すことにより、脳の司令塔「前頭前野」を活性化し、それが認知症の予防・改善につながります。やがて学習療法士の資格を得た有友さんは、仲間とともにこの画期的な療法を実践できる事業の立ち上げを目指しました。  喜びの開業から5ヵ月、学習療法による認知症の予防・改善効果は、有友さん自身が驚くほど高いものがあります。
しかし、この療法に対する世間の認知度はまだ低いと言えます。実績が口コミにつながり、地域からの信頼が高まって行くことが期待されます。

  • ゆうゆう倶楽部の事例写真

起業団体情報

住所:神戸市灘区篠原南町3-4-14
Tel:078-805-2585

URL