そば処「淡竹(あわたけ)」

起業事例

そば処「淡竹(あわたけ)」

  • 分野 : 地元食材、伝統技法を生かした飲食業

内容

自然豊かな淡河にある神戸唯一の道の駅。その一角に、休日のお昼時には行列ができる「そば処 淡竹」があります。地元産のそばの実を使った十割そばが人気のお店です。

淡河地域はそばへの転作が奨励され、このそばを使って地域活性化に貢献したいと思いJAに掛け合い、道の駅内でおふくろの味をコンセプトとしたそば処をオープンしました。起業時のメンバーが5万円ずつ出資するなど、資金を工面してのスタートでした。

店の特徴は、そばや野菜など、食材は全て淡河で採れた新鮮なものを使っています。兵庫県のCB離陸応援事業の補助金をいただいたので、粉挽き用の石臼などの機械を購入し、そば磨き・石ぬき・脱皮・粉挽きなど全ての工程が地元でできるようになりました。休日には400~500食が出ています。

今後の展望は、何よりも、もっともっと淡河を知っていただきたい。地元の食を通じた活動以外に、淡河の伝統や歴史を知るツアーなども、この食堂を拠点としてできればと思っています。

  • そば処「淡竹(あわたけ)」の事例写真

  • そば処「淡竹(あわたけ)」の事例写真

  • そば処「淡竹(あわたけ)」の事例写真

起業団体情報

住所:神戸市北区淡河町淡河字弘法垣643-1
Tel:078-959-1665

URL

http://www.kkr.mlit.go.jp/road/michi_no_eki/contents/eki/h26_ogo/